お問い合わせはこちら

Yuto Sakaki / Videographer

売れる商品/Good products

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
榊 祐人。 映像キャメラマンや、映像演出などの仕事をしている。 大学の頃から映画の脚本を習いはじめたのがきっかけで、 今も映画を観るのも作るのも好き。コンスタントに映画を制作する事が目標。

さて、売れる商品って、なんだろうな…って最近よく思う。

婚礼・結婚式ならば、先ずは新郎新婦に喜んでもらえるもの。

これが一番であろう。

 

普段、披露宴の最後に流すエンドロールムービーを撮影&編集している。

やりはじめの頃は、とにかく時間に追われていた。

上映時間までに、その日撮影した商品を編集してDVDに焼き込めるかどうか。

本当に時間との戦いだった。

 

新人の頃から比べれば、段違いにスキルもついてきた。

なので、次の一歩をぶちかましたくなってきた。新たな商品にもトライしてみたい。

さて、どんな映像をつくろうか。

 

今、イメージしているのは、エンドロールの上映時間が約5分だとして…

その5分を、今はすべて当日の映像をながしている。

だけど、当日の映像の量を少し少なめにして、逆に写真を入れたり、普段の二人の夫婦生活を入れたり…もう少し入り組んだ編集をしてみたい。

その方が、ゲストもより感動してくれるエンドロールになるような気がしている。

Recently, I think . What kind of products sell ?

The most important thing is to make happy of new husbans.
That’s the most important thing.

 

I m shooting the real endroll movie in the weekend at the wedding hall.

At first ,  I got flustered.

I wonderd how to complete editing by the timelimit.

Battle for the time.

But,gradualy I learned how to shoot. I got skill.
that’s the way , I want to try next.

Well,,I’m thinking what kind of movie do I make.

I heve an idea.

In generaly, most many japanese real wedding endroll is only real movie.

But I want to add the past picture.

Memorial picture made gust happy.

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
榊 祐人。 映像キャメラマンや、映像演出などの仕事をしている。 大学の頃から映画の脚本を習いはじめたのがきっかけで、 今も映画を観るのも作るのも好き。コンスタントに映画を制作する事が目標。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 映像の作り手 榊 祐人 , 2018 All Rights Reserved.