お問い合わせはこちら

Yuto Sakaki / Videographer

映画監督に必要なものってなんだろう。

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
榊 祐人。 映像キャメラマンや、映像演出などの仕事をしている。 大学の頃から映画の脚本を習いはじめたのがきっかけで、 今も映画を観るのも作るのも好き。コンスタントに映画を制作する事が目標。

昔から映画が好きだった。
漠然とその映画を作っている『監督』という存在に憧れた。

すべての部署の長である、
映画のヴィジュアルイメージを司る『クリエイティブの神』そんなイメージだった。
でも、実はその仕事の本質はよく分からない。
『映画監督』って一体どんな仕事なのだろう…と思う。

どんなスキルを一番必要とするのだろう。

村上龍の著書『13歳のハローワーク』の中に、アメリカ映画の大巨匠、フランシス・F・コッポラとのエピソードが書かれている。

コッポラが『地獄の黙示録』を撮影していた頃、食事を共にした時の会話。抜粋。

 

「そのころ、わたしは26歳で作家としてデビューしたばかりで、映画を撮りたいと思っていた。でも映画の現場など知らなかったし、作り方も知らなかったし、助監督の経験もなかった。

パスタを食べ終わって、ワインを飲みながら、実はぼくも映画を作りたいと思っているんだけど、とわたしは恐る恐る聞いた。するとコッポラは顔を上げて、だったら作れば? と簡単に言った。そして続けて、映画監督っていうのは誰にでもできる仕事だ、世界一簡単な仕事だ、と言った。

『俳優には訓練がいるし、脚本家は哲学と文才が不可欠だし、カメラマンは経験があってカメラを扱えなくてはならないし、美術も才能が必要だし、プロデューサーには資金と人望と信頼が要るけど、監督は、何もできない人でもやれるんだよ』」

 

この文章の後の村上龍の言葉がとても好きなのだが、

それはまた後日、書こうと思う。

 

僕も2013年に、小さな自主映画を作った。いろんな人の協力で長編を作る事が出来た。

 

当時はスキルなんて、何も無かった(今も無いが…)。

 

映画は好きだったが、観る専門で、

作った事はほとんど無かった。

 

だけど、どうしても作りたくてチャレンジしてみた。

 

自分がしっかりと出来た監督とは全く思わない。

ダメダメな部分ばかりだったが。小さな映画だが、準備から撮影、仕上げまで携わる事が出来て

思った事、いろいろある。

 

一本やってみて思った『監督』という仕事の実像。

それは『クリエイティブの神』という事前のイメージとは大きく異なった。

何というか…まるで映画『七人の侍』の百姓のようだった。。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
榊 祐人。 映像キャメラマンや、映像演出などの仕事をしている。 大学の頃から映画の脚本を習いはじめたのがきっかけで、 今も映画を観るのも作るのも好き。コンスタントに映画を制作する事が目標。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 映像の作り手 榊 祐人 , 2017 All Rights Reserved.