お問い合わせはこちら

Yuto Sakaki / Videographer

お金を集めないと映画は撮れない

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
榊 祐人。 映像キャメラマンや、映像演出などの仕事をしている。 大学の頃から映画の脚本を習いはじめたのがきっかけで、 今も映画を観るのも作るのも好き。コンスタントに映画を制作する事が目標。

映画を作りための助走としていくつかの本を読んでいるのだけど、映画作り。いわゆるディレクターズアングル的な読書をしてきたわけだけど…最近はそれよりも資金集めのための本を読んでいる。

今回は、自分のお金は使わずに、外から制作費を集めたい。

欲を言えば、映画もしくは映像を作り続けられるシステムを作りたい。

 

前作の撮影から4年が経とうとしている。

その間、結婚式などの撮影は毎週末行っていたが、映画の撮影はほんとに何もしていない。

そろそろ映画を撮らないと…。もう2度と映画を撮れないかもしれない。そんな不安がある。

一番の不安は生活していけるかどうか。二番目は映画を作り続けるかどうか。

貧乏人なので…自分の生活もとても心配なのだ。

(食っていけるためにはどうすればいいのか。)

 

とにかく、映画を作るためには、お金が必要だ。

漠然とだけど、500万円くらい集めたい。500万あれば、劇場公開できると思う。

 

自分の予想として、企業回りやクラウドファンディングなどで、何とか資金を集められないだろうか…。

そうすれば、大分楽になるし。

今までの上映会などで集まった制作費が…60万円近くある。

これで、都心の上映会の上映費とならないかな。2週間上映ぐらいできないだろうか。

なんて事をむくむくと考えている。

 

よく行く居酒屋のマスターが「自分の升の大きさを理解する」と言っていた。なるほど。

 

俺も小さく小さく。大きな理想を持った映画を作りたい。

自分が映画を作るためには、予算は小さく。志は高くやっていくしかない。

映画・映像とかそういう事をなりわいにしたいし、もう少し実感として幸せを感じたい。

もっと作品を連発できるようにしたいな。じゃないと上達できないし。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
榊 祐人。 映像キャメラマンや、映像演出などの仕事をしている。 大学の頃から映画の脚本を習いはじめたのがきっかけで、 今も映画を観るのも作るのも好き。コンスタントに映画を制作する事が目標。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 映像の作り手 榊 祐人 , 2017 All Rights Reserved.